すぐに理解できる「仲介手数料」の相場と上限金額

上限を知れば「知っている人」になれる

「仲介手数料」には上限があります。

計算方法は「物件の価格の3パーセント」に「6万円」を加え、消費税をかけた金額です。

これは、宅建業法で定められた金額なっていますので、上限金額を知るのに最も簡単な方法です。
もっと簡単に計算したのならば、電卓を用意してください。

「物件の金額」を0.03倍してください。
それに6万円を足して、1.08倍した数字が法律で定められた「仲介手数料」の上限金額となります。

これを知ってから不動産取引にのぞんでも遅くはありません。
というよりも、そうしたほうがお得です。

私たちは「仲介手数料」の「手数料」という響きにある種の恐れをいだきます。
なぜならば「お金」の話だから。

できればお金をかけたくないと思ってしまいますし、逆に良いものを手に入れたいのならば「安かろう悪かろう」にならないよう考えます。

そこで上限について知っておくだけで、だいぶ気持ちに差を付ける事ができるのです。

「仲介手数料」にも相場はあるのか?

もちろんあります。

「相場」を知っておきたいと考えたあなたは賢い選択をしました。
なぜならば、難しい計算をしなくてもだいたいの金額がわかるからです。

「仲介手数料」にも相場はあることはわかりました。
しかし、いったいいくらくらいが相場なのでしょう。

実は「上限いっぱい」が相場です。
つまり「物件×0.06+6万円」の消費税1.08倍です。

ただし安くする方法がないわけではありませんし、細かい計算方法もありますので、あくまで相場だとお考えください。

安くなる場合とはどんな時なのでしょう。

不動産が比較的高い都会だと、反比例して相場が安くなる「可能性」があります。
その他にも「交渉をして安くしてもらう」という方法もありますが、長い時間がかる不動産取引ではリスクも付きまといますので、こちらは慎重に進めなければいけないことを心にとどめておいてください。