気になる仲介手数料の算出法

簡単な仲介手数料のお値段算出法

仲介手数料ってなにという人がまず知っておくべきこと

あります。 朗報です。 仲介手数料が無料となっている物件もさがしてみるときちんとあるのです。 私たちは「無料」というオファーが大好きです。 とても嬉しいニュースなのではないでしょうか。 でも、あなたのような慎重な方は、なぜ「無料」にできるだろうと、そのカラクリを知りたくなるかもしれません。

仲介手数料無料の物件はないかさがしてみた結果

仲介手数料ってなんですか?

「手数料」という言葉から想像できるかもしれませんが、不動産の取引には手数料金がかかるのです。

もっと詳しく知るために、少し回り道をしてみましょう。

あなたは「一国一城の主」「一所懸命」という言葉を聞いたことがありますか?
この言葉は、主に中世日本で大切にされてきた言葉です。
そのずっと前から、稲作が盛んな日本では土地に対して強い思い入ありましたが、特にこの二つの言葉に「土地に対する考え」がよく表れていると思い紹介させていただきました。

あなたのように土地を売買したり、家を建てたり、といった大きな不動産取引をする方には、彼らの思い入れは共感できる点がたくさんあると思います。

そこで慎重に、かつ安心に売買をするためにきっとあなたは色々と勉強をしていることと思います。
不動産会社への相談も検討、もしくはすでにしているかもしれません。
そこで、不動産会社とのやり取りで発生する「お金」が仲介手数料です。

「いったいそれっていくらくらいかかるものなの?」
私たちにとって、土地と同じかそれ以上に大切な「お金」の話はとても重要な話です。

しかし細かい金額は後回しにしても大丈夫です、安心してください。
不動産会社との相談を安心して行うために、まず前提条件として知っておかなければいけない点が二点あります。

まず、仲介手数料というのはいわゆる「相談料」ではありません。
よって「不動産取引が成立しなかった場合には仲介手数料は0円」なのです。
安心したのではないでしょうか。

もう一点は「仲介手数料には上限がある」ということです。
宅地建物取引業法によって定められており、それ以上は法令違反となります。

安心して不動産会社と相談を進めてください。

すぐに理解できる「仲介手数料」の相場と上限金額

ここに二人の人物がいます。 一人は数学の成績が「5」の人、もう一人は「1」の人です。 二人が不動産取引をする際「仲介手数料」に金額の差は出てくるでしょうか? 答えは「出てこない」です。 計算がどうしても億劫だという人も、相場と上限を知りさえすればある程度の目安を立てることができるからです。

仲介手数料の算出方法を知れば安心の取引が可能です

本当です。 なぜか? 例を挙げて説明をしましょう。 あなたは今会社経営をしています。 あなたは優秀な経営者です。 でも想像してみてください。 経営には投資、つまり「経費」がかかりますよね。 それがどんぶり勘定だったらゾッとしませんか? そう「仲介手数料」とは、私たちにとって小さくない「経費」なのです。